猫と鉄と町なか探険(赤獅子企画‐神羅工房)

アクセスカウンタ

zoom RSS 三江線沿線の透かしブロック(1)

<<   作成日時 : 2018/05/12 20:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年3月下旬島根県から広島県にかけて旅行した。
東京からサンライズエクスプレスに乗って島根入りし、三江線沿線を歩いて、三次からは福塩線で福山に出て山陽本線、東海道本線で帰ってくるという1週間の旅程。

今回の旅行で珍しい透かしブロックに出会ったので、記事にしたい。
以前、滋賀県彦根市で横スリット2段の透かしブロックを見たが、今回は横スリットの半裁というブロックに遭遇した。
三江線の起点駅江津から1つめの江津本町駅の近く(島根県江津市)で見かけたブロック塀だが、半裁のブロックを半個分ずらしてして配置し、終端部分にはさらに半分のもので埋めている珍しいブロック塀である。
画像

三江線はほぼ江の川に沿って走っているわけだが、少し上流へ行ってみる。江津から8駅目の因原駅の近く(島根県川本町)でも見かけている。
画像

さらに上流に行ってみる。江津から14駅目の粕淵駅の近く(島根県美郷町)にもやはり半裁のブロックを使用した塀があった。こちらはさらに珍しい透かし付き。たぶん初めて見る形だ。
画像

この横スリット半裁ブロックはこのあたり特有のブロックなのであろうか。今回の旅行はひとつの駅周辺を1日かけて歩くというスケジュールが組めなかったのである。何しろ、江津の町に着いたのは3月28日の15時過ぎである。三江線は31日が最後の運転であるがゆえに、次の列車が来るまでの限られた時間で歩くという強硬スケジュール。もっと早く来るべきであったのだが、東京から遠いことをウリにしているくらいの江津市であるからなかなか行ってみようという気にならなかったわけである。
三江線が廃止になって1か月以上たってしまった。もっといろいろと歩きたいところもあったので、やり残した感のいっぱいの旅であった。もし、次回があるとすれば、列車での旅行は不可能になってしまったのであるな…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三江線沿線の透かしブロック(1) 猫と鉄と町なか探険(赤獅子企画‐神羅工房)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる