1日1猫「入っちゃダメなんだニャ」

入れないんだけどね…。あとで気づいたのだけど、古い蓋ありそうだよねあの中。小ぎれいにしちゃったエリアは新しめの汎用蓋になっていたけどね。ところどころ古そうな蓋の形跡はあったし。えっ? ここは蓋を見に来るところや猫を見に来るところではないの? 猫さんは想定外だったんだけどね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1日1猫「ずっとそこに?」

某所の蓋を撮りにいく途中のお家にいました。行くときも撮ったけど、帰りもまだいたので。若干逃げ腰なのはちょっと近づきすぎちゃったからかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1日1猫「デカい芋虫か?」( #なんかいます )

木の裏のブロック塀に黒くて長い物体がありまして、デカい芋虫か? 聞こえたのか、目が合いましてね。イモムシちゃいます。クロネコ(=^・^=)宅○便。…それもちゃうがな! と、ひとりツッコミはじめたんですよ。という妄想をしてみた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1日1猫「森の案内にゃん」( #夜の猫 )

ある夜のこと。森の中で出会った猫さんについていったら外に出られた。でも、そこは見たこともないところだった。(というのは作り話です)河川敷に猫がいたので近づきすぎて逃げちゃったんですけどね。まあ、川も見えないし、印象操作してみた。猫さんは不思議空間の水先案内をしているのだよ。っていう設定で。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more